2歳児の娘に実際に読んで反応が良かった有能なベビー絵本をいくつか紹介!

#ベビーグッズ

どうも皆さんこんにちは、ねこパパです。やっと本格的に寒くなってきましたね。
早速ですが、みなさんは可愛い我が子のために購入した「絵本」はどのくらい持っていますか?ほとんどのご家庭は2冊以上お持ちだと思います。その中でも我が子が特に気に入っている絵本ってありますよね。うちの子も同じです。笑 
もちろんその子によって好みは違いますが、絵本の中にも子供を虜にするステキな仕掛けがあります。そんな有能な絵本たちを実体験をもとに紹介していきます。

マネして楽しい絵本 『だるまさんシリーズ「が・の・と」』


シリーズ1作目の『だるまさんが』では、まるくて真っ赤なだるまさんが目を開けたり、つぶったり、笑ったり。伸びたり縮んだり。かわいいだるまさんが思いもよらない動きで、読んでるこっちまで思わず笑ってしまう絵本。私の娘はこの本を見て目を開けたり、つぶったり、両手を使って体を伸ばしたりと、だるまさんの真似をします。笑

シリーズ2作目の『だるまさんの』ではだるまさん「の」何を見れるんでしょうか。

シリーズ3作目の『だるまさんと』ではいちごさんやバナナさん、他のかわい仲間たちが登場!?

しかし3冊セットを購入して失敗したくないママ・パパはもちろん単品販売もしてるのでお試しに1冊購入するのは全然アリですよ!私の娘は3冊全部持っているので1冊読んだら必ず残りの2冊も読んでとかわいくねだってきっますよ




触って体感できる絵本『たべものたっち』


絵本に出てくるかわいいたべものたちが一つ一つ異なる感触。シャカシャカ、ツルツル、ブツブツ…
読んでるママ・パパも触りたくなる魅力的な絵本です。出てくるものが全てたべものなので一緒に触りながら「美味しい?」と言いながらごっこ遊びもできます。実際に触りながら読むというのが子供にとって楽しくていい刺激です。私の娘は読んでほしい時ウキウキで持ってきますよ(笑)

かわいい動物たちのシンプル絵本『わたしはだあれ?』


作中に出てくる動物たちが仲良く「だあれ、だあれ、わたしはだあれ?」と遊び合います。当てられた動物は可愛いポーズで「あったり〜!」と。
小さい子供でも認識しやすい色を使われた人気の動物たち(アヒル、ウサギ、パンダ、ゾウ)が楽しく戯れ合う姿に子供たちも魅了されること間違いなしです。作中の最後に出てくるゾウさんより遥かに大きい「あの動物」にも注目です。ちなみに私の娘は動物たちの真似をしながら「だあれだあれ」と遊んでいます。

今回は実際に私の娘の反応が良かった絵本を紹介しました。もちろん個人差があるので合わない子もいるとは思いますが、最初に紹介した「だるまさんが転んだシリーズ」子供が不思議と泣き止む絵本でも有名みたいなのでおすすめです!ぜひ1冊購入してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました